バイト先のお姉さんとの出会い

熟女出会い〜成功率89%以上の出会えるサイト特集〜

バイト先のお姉さんとの出会い

私が大学生のときのことです。大学の最寄りの駅に、ある喫茶店があり、たまたまそこでアルバイトを募集していました。私は授業の後にバイトができるので、便利に思って応募したところ、即採用になりました。

 

この喫茶店は家族経営の喫茶店で、マスターが創業者の息子として店の経営を継いいました。。マスターには妹が二人いて、それぞれ仕事をもっていましたが、休日にはお店に出てきて手伝いをしていました。その妹さんの中の、一番下の妹さんは当時35歳ぐらいで、その方はとても奇麗で、その街ではちょっと名前の知れた高級クラブに勤めていました。まさか、こんなにきれいな熟女に出会えるなんて、思ってもみませんでたが、私なんかは相手にしてもらえるわけがありません。私は右も左もわからない大学生でしたので、喫茶店の仕事をただ黙々とこなす毎日でした。

 

そんなとき、ある遅番の勤務が終わり、夜の10時ごろでしたが、喫茶店のシャッターを閉めて帰ろうとしたときにチャンスが現れました。その熟女の妹さんがたまたまお店に忘れ物を取りにきて、「今日クラブのお勤めお休みなので、これから家に帰るけど近くの駅まで送ってあげようか」、誘われたので、もちろんその場でお願いしました。

 

その車はスポーツタイプの国産車でしたが、車の中は熟女の匂いがして、私はもう目の前がくらくらしてたいへんでした。車の中では色々な話をしましたが、何を話したのかは頭の中がボーといしていて、憶えていません。そして、駅のちょっと手前にその熟女のマンションがあり、「ちょっとお茶でも飲んで行く」、と言われて家の中に招かれました。

 

その後、熟女と私の間で何があったのかは想像におかませしますが、私にとっては一生忘れられない思いでの夜となりました。

 

ランキング画像


ホーム サイトマップ